私は子どもの時から、ずっと悩んでいる事があります。それは毛深い事です。
小学校での体育の授業で、プールの時には本当に嫌でした。普段は夏でも長袖を着て隠していましたが、そうはいきません。水着にならないといけないのですから。腕も足も出さないといけないのです。
そのたびに、同級生に嫌そうな目で見られました。まるで汚いものでも見るような目で見られていたのです。異性にも同性にもです。
毛深い事が原因でいじめられた事だってあるのです。仲良しの友人も離れていきました。
何度思った事でしょう。毛深くさえなかったら、と。どうして毛深いという理由で、私はこんな惨めな思いをしないといけないのかずっと悩んでいました。
両親はわかってはくれませんでした。こんなにも悩んでいるのに、剃る事を許してはくれなかったのです。カミソリで剃ろうと、何度も思ったのです。
まだ子どもの私には、肌を傷める事はしてはいけないと言われていたのです。恥ずかしい事なんて一つもないと言っていました。でも堂々とでいない私は、ずっと悩んできたのです。
そして今では毎週のように家庭用 レーザー脱毛 おすすめの家庭用脱毛器を使っています。両親に隠れて使っているのです。何と改善されて着てはいますが、それでもどんどん濃くなっているような気がしてなりません。